つくだ煮街道

愛知県知多半島の佃煮・えびせんべい販売店つくだ煮街道。

お問い合わせ TEL:0569-82-5151 営業時間 / 9:00-17:00 定休日 / 水曜日

企業情報

ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和24年 愛知県知多郡豊浜町(南知多町)にて、濱本豊が佃煮製造を始める。屋号を「浜本佃煮工場」として卸業も始める。
さんまの蒲焼・いわしの生姜煮・小女子の製造を始める。
昭和40年 南知多町大字豊浜下太田面に新工場を建設する。
同時に水産加工の塩干物製造を始める。
昭和45年 佃煮部門を新工場に移し惣菜業も始める。(生コロッケを始める。)
総合食品工場として屋号を「浜本食品工場」に改める。
平成7年 株式会社 浜幸 設立
社長 濱本幸男
会長 濱本豊
平成8年 浜本食品を株式会社 浜幸に統合する。
平成9年 「つくだ煮街道」と「ドライブイン浜幸」を完成、オープン。
製造業・工場見学・直販店の営業を始める。
えびせんべい工場を立ち上げる。
平成12年 生せんべいの製造を始める。
平成13年 資本金 増資 7,000万になる。
平成22年 愛知県総合衛生管理「HACCP」取得
オリーブオイル入り和風オイルサーディン(佃煮)商品が第59回全国水産加工たべもの展において大阪府知事賞を受賞。
平成23年 厚生労働省より食品衛生の改善向上に対する表彰を授与。
つくだ煮街道オンラインショップ
このページの先頭へ